脱毛器

脱毛器

自分で処理するから予約や移動が不要。簡単便利な脱毛器をご紹介

医療脱毛 > 脱毛器

脱毛器 注意点

手軽に処理できる便利な脱毛器ですが、使用方法を誤ると怪我や火傷を起こすリスクがあることも忘れてはいけません。

安全に使用するためにも、脱毛器を使用する時には絶対に守らないといけない注意点があります。

使う時の注意点は、以下の通りです。

・処理したい部分をカミソリで剃ってから使用
・照射レベルを上げ過ぎない
・処理前後の冷却を怠らない
・取扱説明書を熟読する

脱毛器を使用する場合、使用前に処理したい部分のムダ毛をカミソリなどで剃る必要があります。

伸びた状態で行うと痛みが強いですし、毛抜きで抜いた後に使用すると、思うような効果を得ることができなかったり、肌荒れを起こす可能性もあるでしょう。

それに、人によって肌の強さに差があるので、自分に合った照射レベルで処理を行ってください。

いきなり強い照射レベルで行うと肌荒れを起こすことがありますから、最初は弱い照射レベルから始めて、徐々に上げていくようにします。
また、処理前後は火傷の予防にもなるので、しっかりとその部分を冷却してください。
これを怠って火傷をしてしまう人が多いため、面倒かもしれませんが、必ず行いましょう。

そして、必ず取扱説明書を熟読して、どのようにして使用するのか理解してから使ってください。

アンダーヘア 脱毛器

アンダーヘアの処理をしたくても、エステでするのは恥ずかしいという人も少なくないでしょう。

そんな方にオススメなのが、脱毛器でのアンダーヘア処理です。

全ての機種が対応している訳ではありませんが、中にはアンダーヘアの処理にも使用できるものがあります。
ただし、アンダーヘアを脱毛器で行う場合、皮膚が弱い部分なので、慎重に行わないと火傷をしてしまう恐れもあるでしょう。

アンダーヘアへ脱毛器を使用する場合、以下のことに注意してください。

・出力レベルを弱めにする
・処理前後に冷却する
・形や範囲を考えながら処理する

出力レベルが高いと火傷しやすいので、弱めからスタートしてください。
そして、徐々に様子を見ながら出力レベルを上げていくというのが基本です。
また、処理前後にきちんと冷却を行い、火傷や肌トラブルを防ぎましょう。

冷却を行わずに処理してしまうと、火傷や肌トラブルを引き起こす可能性が高いので、必ず行ってください。
また、綺麗な形にだつもう器でするためにも、どのような形でどこまで処理するのかをよく考えてから使用した方がいいですね。



LAVIE

脱毛器 トップへ戻る